多焦点眼内レンズとは

通常行われている白内障手術では、濁った水晶体を取り除いたあとに入れる眼内レンズは単焦点眼内レンズを使います。単焦点レンズはある1点にピントが合うレンズです。例えば、遠くにピントを合わせたら、近くを見る時は老眼鏡が必要になります。
多焦点レンズは遠くのものも近くのものも両方見ることができ、メガネを使用することなく日常生活を送ることができる非常に便利な眼内レンズです。
ただし欠点もあります。遠くも近くも単焦点のレンズに比べ、コントラスト(色あい)が低下します。遠くや近くに対しても全く眼鏡が必要なくなるわけではなく、長時間の読書などの際、補助として必要な場合もあります。単焦点は、狙ったところがくっきり、多焦点は遠くも近くもそこそこだけど便利といったところです。

見え方

単焦点レンズと多焦点レンズの見え方の違いです。
単焦点レンズは、遠くに焦点を合わせると近くがぼやけます。
多焦点レンズは、遠くに焦点を合わせても近くのものも見ることができます。

眼内レンズの選択


手術費用について

眼内レンズが非常に精密な光学部デザインとなっており高価なため、保険適応外です。眼内レンズ代を含んだ手術費は片眼30-45万円で、施設により異なります。
多焦点眼内レンズ挿入には、十分な適応検査が必要です。視力に影響をおよぼす目の病気を合併している場合は、多焦点眼内レンズを挿入してもその効果が発揮できない可能性があります。具体的には、乱視、緑内障による視野障害、黄斑変性症や糖尿病網膜症などの網膜硝子体疾患、角膜混濁がある場合は、適応とならない場合が多いです。また、眼鏡をかけることは問題ない場合、自費負担をして多焦点眼内レンズを選択しなくても、保険適応の単焦点眼内レンズで十分満足いただけます。

手術を受けられる方へ

※遠方も近方もメガネなしで見たい方
※原則的には両眼とも手術をする
※術後ハローやグレアがある
(手術後3~6か月ぐらい経つとだんだんと症状は落ち着いてくる)

ハローやグレアがある時とない時の図は下記を参照して下さい。

詳しくは当院の医師とご相談下さい。